ぽえりぃのうつ病日記

うつ病闘病中、ぽえりぃです。今年で30歳になります。2016年5月から休職し、その後、退職しました。今は実家で自宅療養中です。

体力をつけたい!

うつ病を患う前から思っていたことなのですが、「体力をつける」ことの大切さをしみじみと感じているけふこの頃です。


わたしはずっと教職についていて、3つの学校で教えてきました。最初の二校は「非常勤」で働いていました。授業だけ教えていればいい環境で、しっかり授業準備も出来たし体力的にも問題なく、なんとかやっていました。最後に勤めた学校では正規社員として働いていたのですが、なんとたったの二ヶ月でダウン。うつ病を発症し、「いますぐ学校を辞めてください」と医師に言われてしまいました。


原因は体力不足だったのだと思います。身体と精神はつながっていることを実感しました。最後の学校では違う種類の授業を3つ、週18コマの授業、やったことのない部活の指導(体育会系の学校でした)、校務分掌(海外の提携校とのイベントを企画したり、研修旅行の企画をする部署にいました)、学級委員会の顧問。そして、大量にある◯◯会議。◯◯には色んな名前が入ります。合計8つの種類の会議がありました。これを同時進行でこなしていくのですが、体力不足のため、疲労がたまっていました。そうなると、判断能力も衰えていってミスをしてしまうこともしばしば。


土日祝は部活の練習試合が必ず入っていましたし、毎日放課後の部活に顔を出さないといけません。部活に関する知識をインプットすることもままならない状態だったのできつかったです。授業をしっかりしたいタイプだったので、せめて授業準備だけは…と思っていましたが家には寝に帰るような状態で正直万全なものを用意出来ませんでした。自己否定の日々でした。


いま現在、定期的に運動をしたいと思いつつも、なかなか出来ないでいます。唯一、週に一回のペースで予定が入っているので運動と精神的体力をつけるため出掛けています。


さすがに週一だけだと少ないなぁと思い、あと2日ぐらい定期的な予定を入れたいと考えています。ジムに行くことも考えたのですが、自身を鼓舞して行かないと続かないと思い、やめました。「確実に予定が入っていて、行かなければならない」状態に持っていきたいなぁっと。


そこで目に入ったのが、ピラティスのグループレッスンです。自分の好きな時間に自由にどうぞ〜なジムよりは、予約をしてお金を払って参加するレッスン形式の方がまだ行くことができるのでは…


ピラティスは、元々、怪我をしてしまって運動できなくなってしまったピラティスさんが激しい動きでなくとも筋力をつけることを考えて作られたものだそうです。激しい動きじゃなく、ゆっくりとした動作で筋力を鍛える!これは体力のない自分でもいけるのでは?!と期待大です!


まだ予約してませんが、来週体験レッスンに行こうと思っています♪体力つけるのはほんとに大事。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。