ぽえりぃのうつ病日記

うつ病闘病中、ぽえりぃです。今年で30歳になります。2016年5月から休職し、その後、退職しました。今は実家で自宅療養中です。

ゆるしたい

ゆるしたい


許せないと思ったら、とことん許せなくなってしまう私。最近はだいぶ柔らかくなったけれど、裏切り、とか、馬鹿にされることに関して、 憤りを感じてきた。


学校の変な体勢のせいでうつ病になった!

やりたいことが出来なかった!

ずーっと約束してたのに裏切られた!

(高校の時の海外研修のグループを決める時だった。同じグループになろうと約束していたが、あっさり違うグループに乗り移られてしまった。高校生だったから尚更傷ついたんだろうなぁ。今はどっちでもいいけど。そして、お出かけの約束とかでドタキャンされた!とかでは裏切られたとは全然思わない)

本当にツライのにおちょくられた!

誠意を込めて伝えたのにそれが伝わらなかった!


と、まぁいろいろ「許せない」場面ってたくさんある。それで傷ついて、他者に愚痴ったり、わんわん一人で泣いていたりする。でも「許せない」って強く思うってことはパワーがあるから出来るのだなと思う。「許せない」気持ちを持つことはしんどい、疲れる。


それじゃあ、許してみよう。


大体、人間関係の中で「許せない」事案が発生する訳だけど、ちょっと視点を変えて相手を見てみると「まぁ、しょうがないか」と許せてしまうものだ。


基本的な考え方としては、皆何も言わないだけで、どこかしら、臆病だったり、傷を背負っていたり、プライドを持っていたりするのだ、ということを思えばいい。というか、実際そうだと思う。凝り固まったプライドを持たざるを得ない人も、また、何か「大きなもの」を自分自身で背負わせてしまっている人なのだ。


そう考えてみると、大抵のことは、「ま、しょうがないことだったのだな」と相手を許せる。


ひとつひとつ「許せないもの」を解き放ち、「許す」ようにしていくと自分の心も軽〜くなってくる。


うつ病患者に関して言えば、「自分を許し続けること」だ。これが大切。日頃、忘れがちだけど、ゴロゴロしててもいい、何かしなきゃ!なんて焦って思わなくていい。「出来ない」自分を許してあげて欲しい。


だから、自分自身、色々なことがあったし、これからもあるだろうけれど、「許したい」のだ。


来年度のことをガミガミ言ってくる親。

分かるよ。

このまま寝たっきり老人のような社会に馴染めない子どもなんて見たくないんだよね。周囲の目もあるし、自分が今まで子どもにしてきた教育を否定されたくないし、自分でも否定したくないんだよね。すごくよく分かるよ。活動的な明るい前の私を見たいんだよね。それで救われたいんだよね。分かるよ。


分かるけど、わたしのことも、ゆるして。ね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。